Artist Management Office アーティストマネージメントオフィス 株式会社オリオンズベルト

お仕事のご依頼は Tel03-5457-1475 Fax03-5457-1476e-mail
TOPページ > オリオンズベルトアカデミー > スペシャルプログラム

殺陣

時代劇での所作、立ち振る舞い、殺陣を学べます。

【カリキュラム】
1.刀の扱い方と所作
2.基本の型
3.立つ、座る、歩く、走る基本動作
4.殺陣の基本編
5.殺陣の応用編


obt_kids_06
 

obt_kids_tate

【殺陣】山元 隆弘
学生時代より小劇場で俳優として活動。大阪の劇団で殺陣・ダンス・お笑いを学ぶ中殺陣の魅力に惹かれさらなる研磨を行う。2000年より京都の撮影所にて時代劇を中心に俳優活動を本格的に開始。大野剣友会・大内剣友会出身の殺陣師に師事する中、時代劇古来の流れを汲む殺陣や剣術、擬闘アクションなどを習得。主な出演作は『鬼平犯科帳』『剣客商売』『壬生義士伝』『たそがれ清兵衛』『るろうに剣心-京都大火編-』など多数。BS時代劇『新撰組血風録』ではゲスト主役の綾野剛との一騎討ちも果たし、他にも村上弘明、藤原竜也、オダギリジョー等多くの著名人との殺陣も経験。舞台では、小劇場や大衆演劇の小さな劇場から、新歌舞伎座、明治座、博品館劇場等の大舞台の時代劇と、幅広い殺陣を経験する。現在は俳優として活躍しながら、時代劇のできる俳優育成を目標に所作や殺陣の指導を行う。

 

ジャズダンス


obt_kids_06
 

obt_jazz

【ジャズダンス】小林 音子
幼少期よりジャズダンス、エアロビクス、トランポリンなど経験し中学校では新体操部にて石川県大会団体3位入賞。高校時代はバトントワリング部にて部長を務め、全国大会8位入賞、ペア部門では北陸優勝。日本女子体育大学にて舞踊を専攻し、芸術論、演出論、舞踊学、ジャズ、モダンダンス、バレエ、日舞、スペイン舞踊、パントマイム等を通して身体表現を研究。卒業公演ではジャズダンスを選択。大学時代はモダンダンス部に所属し「全日本高校・大学ダンスフェスティバル」にて日本女子体育連盟会長賞を受賞。同大学4年制に編入学し舞踊学、運動学、表現学など身体表現にまつわる学問を追究し、教諭第一種免許取得。卒業後、公立高校の体育講師として指導と共に、学校体育へのダンス導入のサポートに貢献。「2000年着物の女王」北陸代表にもなる。さらに学びを深めようと日本女子体育大学大学院へ進学するが、あらゆる表現の研磨のため、女優へ転進。劇団を創設し、座長・演出・女優・演技指導、振付を兼務。そのほか女性パフォーマンスユニット、バーレスクダンスユニットも立ち上げ、振り付け、出演。商業演劇でもステージダンスを経験。現在幅広いダンス経歴を生かし現在外部の舞台やイベントの制作、演出、振り付けも手がけている。

 

コンテンポラリーダンス


obt_kids_06
 

obt_contemporary

【コンテンポラリーダンス】関口 満紀枝
3才よりバレエとピアノを始め、幼少期から表現に興味をもち11才よりバレエ教室の定期公演にてソロダンスの振付をする。中高一貫女子校にてダンス部の部長として私学ダンスコンクールにて優秀賞を獲得。多摩美術大学演劇コース在学中にダンスと演劇の基礎を学ぶ中、演出家小池博史に見いだされ、ダンスシアターカンパニーパパタラフマラに所属。大学3年中退後、プロフェッショナルダンサーパフォーマーとして本格的に活動開始。外国人アーティストとのコラボレーションを通じて国境を超え互いの文化を尊重し合うステージアート作りを学び、世界15ヶ国公演に出演。2012年の解散公演までメインパフォーマーとして活躍。カンパニー代表作品『SHIP IN A VIEW』では世界最高の作品を選出開演しているブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージックやベネチアビエンナーレなど海外のアートフェスティバルに日本代表として招聘される。チェーホフの三人姉妹をモチーフにオリジナルで創作された『三人姉妹』はモントリオール・サンチアゴ・リオデジャネイロ・N.Y.・シアトル・クアラルンプール・ポーランドなど海外からのオファーが絶えずまた各国で大絶賛の評価を受ける。自由に身体を使った表現力を年齢問わず伝えたいという信念のもと指導をしている。現在はラッキー池田氏振付眠眠打破CMや舞台ではコンテンポラリーダンス パントマイム コンタクトインプロビゼーションなど身体表現を使ったノンバーバル作品手塚治虫生誕90周年記念作品Amazing performanceW3ワンダースリーに出演

 

ヌンチャク


obt_kids_06
 

obt_nunchaku

【ヌンチャク】原 勇弥
俳優。ヌンチャク暦15年。
幼少期、ジェット・リー、ジャッキーチェンなどの中国アクション映画に興味を持ち「燃えよドラゴン」を観て、ブルースリーの華麗なヌンチャク捌きに衝撃を受け、大工である父の指導のもと、自作でヌンチャクを作製しアクション映画や武道教本で研究。独学でヌンチャクの修行に励む。
2014年よりヌンチャクの可能性を広げる為、パフォーマンスとして魅せるフリースタイルヌンチャクを軸として活動している。海外のヌンチャクの動画コンテストへの応募だけでなく自ら、パフォーマンスを発信している。2015年12月に行われたはるひなた「シンボリックメディテーションLIVE」ではオープニングアクトを担当。同年にLos Angelesにて行われた映画祭「LA EigaFest 2015」にもはるひなたシンボリックメーディテーションのメンバーとして招待され、レッドカーペットを歩いた経験もある。
俳優としてもドラマ「サムライせんせい」の中のアクションシーンにおいてヌンチャクを武器とする男の役を演じ、披露している。
またキッズ向けのヌンチャクワークショップを開催。インテリア科(家具製作)出身の経歴を活かし子供でも安心して触れるヌンチャクを日々研究、作製している。

ページのトップへ

会社概要  |  採用情報  |  アクセス  |  ワークショップ  |  お問い合わせ