Artist Management Office アーティストマネージメントオフィス 株式会社オリオンズベルト

お仕事のご依頼は Tel03-5457-1475 Fax03-5457-1476e-mail

革新する未来を
自分らしく生きるためのアクティブラーニング

オリオンズベルトアカデミー kidsプログラム

キャリアアクティブラーニング


obt_kids_06

  •  - – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

革新する未来を自分らしく生きるためのアクティブラーニング

キャリアアクティブラーニング
文部科学省・厚生労働省・経済産業省は、3省合同で、教育界・産業界が連携してキャリア教育の推進によりキャリア教育をスタートした学校も増え始めています。

 

日本における「キャリア教育」の定義

キャリア教育とは、一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育(文部科学省 平成22年度第二次審議経過報告)より


これからの子供達は、幼稚園から、キャリア教育を学びます。
親である私達が受けた教育と異なる考え方や方法で子供達は「予測がつかない発展を続ける社会」を生き抜いていくためのスキルを学びます。

しかし、実際の子供達の教育現場に浸透するまでの受講格差も生まれてくるのも事実です。

オリオンズベルトアカデミーではキャリア教育を基盤として行動のアウトプットにつながるアクティブラーニングで子供達の未来を生きる力を自己表現を通して学べるプログラムをスタートします。

 - – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

講師プロフィール

obt_kids_otoko
小林 音子
幼少期よりジャズダンス、エアロビクス、新体操、と経験。高校時代はバトントワリング部、部長を務め、全国大会8位入賞、ペア部門では北陸優勝。日本女子体育大学短期大学舞踊専攻では芸術論、演出論、舞踊学、ジャズ、モダンダンス、バレエ、日舞、スペイン舞踊、パントマイム等を通して身体表現を研究。同大学4年制に編入学し、運動学、表現学など身体表現にまつわる学問を追究し、教諭第一種免許取得。卒業後、公立高校の体育講師として指導と共に学校体育へのダンス導入のサポートに貢献。「2000年着物の女王」北陸代表を務める。日本女子体育大学大学院へ進学するが、あらゆる表現の研磨のため、女優へ転進。劇団を創設し、座長・演出・女優・演技指導、振付を兼務。外部の舞台やイベントの制作も手がける。同時に、芸能プロダクション専属演技指導講師にも着任。心・からだ・声のバランスに着目した演技指導を実践。その後、エンターテイメントを全面から学ぶためマネージャー業も平行して携わり、。アーティストのプロデュース・女優・講師を兼務するプレイングマネージャーとして10年活動。現在、メディアでの魅せる表現のノウハウを基盤ににその全ての経験を活かし【自己表現】のオリジナルメソッドを年齢・職種問わず幅広い層にレクチャー。また講師育成にも力を注いでいる。

 

obt_kids_makie
関口 満紀枝
現在男児二人の母。19歳より18年間ダンサー・パフォーマーとして国内外の舞台に出演。2004年パパタラフマラ付属研究所にてボイスパフォーマンス講師となる。ダンサーやパフォーマーの声を使った表現力のトレーニングを受け持つ。2008年出産を機により身体や心のケアについて興味を持ち、マタニティケア・デューラ・クラニオセイクラル・ホメオパシーなどのホリスティックケアを資格取得。スタジオ『からだ・こころ・まなびの空間 ミクロコスモス』設立。 バレエの基礎動作を使ったストレッチ講座やこどもの発育や病気への対応・脳性麻痺のこどもへの表現レッスンやボイストレーニングなどを子連れで学べるサロンの講師・オーナーとして活動。。初心者向け身体表現メソッド『カラダオーケストラ®』を考案。インストラクター33名が全国の保育園・幼稚園・各種学校・病院等で開催している。現在、女優芸人としてメディアで活躍と同時にあらゆる講師活動をこなす。

 

obt_kids_ken
高田 健一
現在、5人の(5歳〜19歳)子供を育児中。さらに猫7匹、犬2匹の大家族の父親。保育園での職務経験から、子供の成長に深く関わりながらの育児と、自分の永遠の育成として俳優業をライフワークとしている。銀行から飲食サービスまで、あらゆる人材育成を手がけた経歴から、芸能プロダクションでの表現育成でも活躍。子供の無垢な笑顔が1番の活力源。日々の家事全般と保育園の送り迎え、特に食事は手作りを食べさせたいと考え、毎食作っている。育児は「子供の自立」をテーマにしており、一人の社会人として接する事を心がけている。その為に子供達が自分の欲求を理解し、それを伝える知識や表現方法を身につける事で、主体性を持って行動出来る様になると考えている。自分自身に芯(=主体性)を持つ事が出来れば、人の話に耳を傾けつつ自分の道を探せる様になると惟っている。

 

obt_kids_izumi
ふるかわ いずみ
小学時代はブラスバンド部でトランペット、中学からの6年間吹奏楽部にてフルート・ピッコロを担当。楽譜を見ることや楽器を手にするのも初めての中、感覚から楽譜が読めるようになった経験から、楽しさから発見や気付きを得る教育に興味を抱く。1999年より2年間、TOAJ(シアターオブアーツジャパン)にて演技・ジャズダンス・発声・表現の基礎を学びながら、在学中よりTVKにてリポーター準レギュラー・イベントMCを経験。舞台製作や自主映画製作・出演など経験学習に務める。米国Hollywoodにある提携学校シアターオブアーツへ短期留学。ハリウッド映画の撮影や日本との違いを目の前で経験。2000年より本格的に芸能活動開始。ドラマ・舞台・舞台プロデュース・テレビリポーター映像中心に俳優基盤に活動。2008年野菜ソムリエ資格取得後は、野菜が大好きになる野菜スイーツのワークショップメソッドを発案・活動。ワークショップで題材にした野菜が食べられるようになった等のご報告で楽しみながら感じるワークショップをさらに探求中。現在、芸能プロダクションにて演技の基礎的なレッスン講師や、EQメソッド(表現することの楽しさを体で感じる)ワークショップのファシリテーターとして活躍中。

 

obt_kids_yoshi
伊豆 義継
中学で、ラグビーに触れる。中学・高校とタッチラグビー部の部長として活躍し、2010年、第一回ジャパンタッチラグビー中高生大会にて優勝。2011年、早稲田大学文化構想学部に入学。大学では、表象・メディア論系に属し、映画、テレビ、舞台、漫画といったあらゆるメディアを研究対象とした。また、映画製作のサークル活動にも励み、2013年、大隈記念講堂にて「第25回早稲田映画まつり」開催。副実行委員長を務める。大学在学中に、ワタナベエンターテインメントカレッジへダブルスクールにも並行して在学。学術・技術の両側面から、演技やエンターテインメントについて学ぶ。また、小学校で絵本の読み聞かせのボランティア活動も始める。現在は、プレイングマネージャーとして、俳優業とマネジメント業を両立させている。

 

obt_kids_nene
木原 寧々
プロゴルファーの父から物心ついた頃からゴルフを始める。4歳からはモダンバレエ、ピアノを始め、表現する事の楽しさに目覚め,小学3年生からは姫路市児童合唱団に所属し、多数イベントに出演。全国大会出場でソロを努める。中学・高校時代はコーラス部・吹奏楽部に所属すると共にクラッシクバレエやジャズダンス 、日舞、声楽など、表現の幅を広げる。2012年フェリス女学院大学に入学。英文学を専攻し、ウィリアム・シェイクスピアをはじめとするイギリス芸術や絵画・建築の学が発展し、世界遺産検定3級の資格取得。同時に韓国語も学ぶ。大学とダブルスクールで俳優養成所に入所し、役者としての道を歩み始める。現在も表現の幅を広げるべく、「日本」をテーマに茶道や日舞、殺陣、和楽器(龍笛、三線)、着物の着付けなどにも力を入れている。また、kidsへのゴルフレッスンやワークショップも行っている。

特別プログラム

コンテンポラリーダンス
ヌンチャク
バトントワリング
ゴルフ
クリエイティブ

 

コンテンポラリーダンス


obt_kids_06
 

obt_kids_contemporary
【コンテンポラリーダンス】関口 満紀枝
3才よりバレエとピアノを始め、幼少期から表現に興味をもち11才よりバレエ教室の定期公演にてソロダンスの振付をする。中高一貫女子校にてダンス部の部長として私学ダンスコンクールにて優秀賞を獲得。多摩美術大学演劇コース在学中にダンスと演劇の基礎を学ぶ中、演出家小池博史に見いだされ、ダンスシアターカンパニーパパタラフマラに所属。大学3年中退後、プロフェッショナルダンサーパフォーマーとして本格的に活動開始。外国人アーティストとのコラボレーションを通じて国境を超え互いの文化を尊重し合うステージアート作りを学び、世界15ヶ国公演に出演。2012年の解散公演までメインパフォーマーとして活躍。カンパニー代表作品『SHIP IN A VIEW』では世界最高の作品を選出開演しているブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージックやベネチアビエンナーレなど海外のアートフェスティバルに日本代表として招聘される。チェーホフの三人姉妹をモチーフにオリジナルで創作された『三人姉妹』はモントリオール・サンチアゴ・リオデジャネイロ・N.Y.・シアトル・クアラルンプール・ポーランドなど海外からのオファーが絶えずまた各国で大絶賛の評価を受ける。自由に身体を使った表現力を年齢問わず伝えたいという信念のもと指導をしている。現在はラッキー池田氏振付眠眠打破CMや、舞台ではコンテンポラリーダンス パントマイム コンタクトインプロビゼーションなど身体表現を使ったノンバーバル作品手塚治虫生誕90周年記念作品Amazing performanceW3ワンダースリーに出演。

【カリキュラム】

45分
1.ひとりでのびのびストレッチ(5分)
2.お互いの重さを感じてコンタクトインプロ(5分)
3.今日のテーマ&モチーフ話し合い(5分)
4.グループに別れ 作品作り(15分)
5.作品発表(10分)
6.感想シェア(5分)

60分
1.ひとりでのびのびストレッチ(5分)
2.ふたりで一緒にストレッチ(5分)
3.お互いの重さを感じてコンタクトインプロ(5分)
4.カラダでゲーム(5分)
5.今日のテーマ&モチーフ話し合い(5分)
6.グループに別れ 作品作り(20分)
7.作品発表(10分)
8.感想シェア(5分)

 

ヌンチャク


obt_kids_06
 

obt_kids_nunchaku
【ヌンチャク】原 勇弥
俳優。ヌンチャク暦15年。
幼少期、ジェット・リー、ジャッキーチェンなどの中国アクション映画に興味を持ち「燃えよドラゴン」を観て、ブルースリーの華麗なヌンチャク捌きに衝撃を受け、大工である父の指導のもと、自作でヌンチャクを作製しアクション映画や武道教本で研究。独学でヌンチャクの修行に励む。
2014年よりヌンチャクの可能性を広げる為、パフォーマンスとして魅せるフリースタイルヌンチャクを軸として活動している。海外のヌンチャクの動画コンテストへの応募だけでなく自ら、パフォーマンスを発信している。2015年12月に行われたはるひなた「シンボリックメディテーションLIVE」ではオープニングアクトを担当。同年にLos Angelesにて行われた映画祭「LA EigaFest 2015」にもはるひなたシンボリックメーディテーションのメンバーとして招待され、レッドカーペットを歩いた経験もある。
俳優としてもドラマ「サムライせんせい」の中のアクションシーンにおいてヌンチャクを武器とする男の役を演じ、披露している。
またキッズ向けのヌンチャクワークショップを開催。インテリア科(家具製作)出身の経歴を活かし子供でも安心して触れるヌンチャクを日々研究、作製している。

 

バトントワリング


obt_kids_06
 

obt_kids_baton
【バトントワリング】小林 音子
幼少期よりジャズダンス、エアロビクス、トランポリンなど経験し中学校では新体操部にて石川県大会団体3位入賞。高校時代はバトントワリング部にて部長を務め、全国大会8位入賞、ペア部門では北陸優勝。日本女子体育大学にて舞踊を専攻し、芸術論、演出論、舞踊学、ジャズ、モダンダンス、バレエ、日舞、スペイン舞踊、パントマイム等を通して身体表現を研究。卒業公演ではジャズダンスを選択。大学時代はモダンダンス部に所属し「全日本高校・大学ダンスフェスティバル」にて日本女子体育連盟会長賞を受賞。同大学4年制に編入学し舞踊学、運動学、表現学など身体表現にまつわる学問を追究し、教諭第一種免許取得。卒業後、公立高校の体育講師として指導と共に、学校体育へのダンス導入のサポートに貢献。「2000年着物の女王」北陸代表にもなる。さらに学びを深めようと日本女子体育大学大学院へ進学するが、あらゆる表現の研磨のため、女優へ転進。劇団を創設し、座長・演出・女優・演技指導、振付を兼務。そのほか女性パフォーマンスユニット、バーレスクダンスユニットも立ち上げ、振り付け、出演。商業演劇でもステージダンスを経験。現在幅広いダンス経歴を生かし現在外部の舞台やイベントの制作、演出、振り付けも手がけている。

 

ゴルフ


obt_kids_06
 

obt_kids_golf
【ゴルフ】木原 寧々
プロゴルファーの父から物心ついた頃からゴルフを始める。4歳からはモダンバレエ、ピアノを始め、表現する事の楽しさに目覚め,小学3年生からは姫路市児童合唱団に所属し、多数イベントに出演。全国大会出場でソロを努める。中学・高校時代はコーラス部・吹奏楽部に所属すると共にクラッシクバレエやジャズダンス 、日舞、声楽など、表現の幅を広げる。2012年フェリス女学院大学に入学。英文学を専攻し、ウィリアム・シェイクスピアをはじめとするイギリス芸術や絵画・建築の学が発展し、世界遺産検定3級の資格取得。同時に韓国語も学ぶ。大学とダブルスクールで俳優養成所に入所し、役者としての道を歩み始める。現在も表現の幅を広げるべく、「日本」をテーマに茶道や日舞、殺陣、和楽器(龍笛、三線)、着物の着付けなどにも力を入れている。また、kidsへのゴルフレッスンやワークショップも行っている。

 

クリエイティブ


obt_kids_06
 

obt_kids_creative
【クリエイティブ】大西 真由
幼少期より絵を描くことが大好きで、創作活動に興味を持つ。中学時代から油絵を始め、日々スケッチやイラスト作成などの創作を行う。高校時代の美術部活動にて木炭デッサン、アクリル絵の具を使用した抽象画の創作を開始。2001年度全国学生美術展にて佳作受賞、地元の新聞より取材を受ける。他、長野県美術展など、展覧会やコンクールに入賞。
絵画創作に並行しながら美術大学を志し、鉛筆デッサンと色彩構成を学ぶ。武蔵野美術大学に現役合格。基礎デザイン学科にて「デザインとは何か(science of design)」を学ぶ。 シルクスクリーンを使用した個人の創作活動も開始。都内にてグループ展の開催など精力的に活動する。
卒業後は大手インターネット会社にて6年ウェブデザイナーとして働く。
退社後、フリーランスのデザイナーとして活動開始。ウェブデザインやグラフィックデザイン、イラスト等の創作を継続している。

ページのトップへ

会社概要  |  採用情報  |  アクセス  |  ワークショップ  |  お問い合わせ